もう眠れる用意をしないと眠れない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://sweetsweet8.blog69.fc2.com/tb.php/214-6707cb8f
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

今日見た映画 『乱歩地獄』

『蟲』より 最愛の人を手に入れてにっこり


だいぶ前から見たいと思っていた乱歩地獄をやっと見た。
江戸川乱歩の映像化しにくい世界を
4人の監督が短編の形で作ってみました、という映画。
でもどの作品も原作に脚色を加えているので、
まあ5割乱歩と思って見る。

竹内スグル『火星の運河』
これは実験映画、音もない。難解だが映像的には面白い。
だが、原作も読んでないため本当に意味が分からない。
とりあえず原作はどんな物なのか、読みたい。

実相寺昭雄『鏡地獄』
鏡に魅せられた美しい鏡職人の青年の狂って行く様を描く。
鏡がうまく映像に使われており、美しい。
さすが過去2本の乱歩作品を手がけている実相寺監督だけに
乱歩らしい雰囲気がよく出ていた。
エロスもよい、実に官能的。
ただ原作が好きな作品なので鏡への執着をナルチシズムと
結びつけるのは違う気がしたなぁ。そこだけ残念。

佐藤寿保『芋虫』
とある廃墟のような屋敷に戦争で四肢を失った夫を、
その妻が世間から離れ暮らしている。
妻は動けぬ芋虫の夫とサディスティックな異常な性交を重ねていた。
それを妻の叔父の書生だった青年がひっそりと監視し続けている。

これも原作は読んでいる、原作と違い、戦争の部分はほぼ
切り捨てていた。少し不満。そこをのけた時点でこれは原作とは
まったく違う作品と見るべきであろう(まあ須永の四肢の切断理由
とか、オチとかもかなり違うしね)
妻の葛藤をもっと描いて欲しかったな、あれじゃ生来のサディスト
みたいじゃないか。
だけど原作でも好きな須永の『許す』をちゃんと入れていたのはよい。
愛だねぇ。

カネコアツシ『蟲』
アレルギー性の湿疹に悩まされる浅野演じる青年は、小川たまき演じる
女優に恋している。彼は彼女の運転手をしながら
彼女への想いを募らせていた。
ある日彼はついに彼女を自分の物にするため殺してしまう、
美しい彼女を自分の物にした彼は喜ぶが、
彼女はだんだん腐り始め・・・。

これは面白かった。
他の3作とは違い、ポップで笑いもあり。
というか後半は笑いっぱなし。彼女を美しく保とうと
色々奮闘する浅野がひどくおかしい。
『あぁ、あぁ、あぁぁぁあぁぁ』と叫んだり
『すいませんでした』を繰り返す姿は笑える。
それでいて散々笑っておきながら、見終わって
エンドクレジットの辺で
「あれ?さっきのってよく考えるとすごい怖いな」と
ゾッとさせてくれる。そんな作品。

原作を見ていないからかもしれないが、
これだけが現代を舞台に作られているが、何の違和感もない。
映像も実に毒々しくてよい、色鮮やか。



とりあえず『蟲』を見るためだけでも価値あり。

しかし小川たまきのウィッグはでかかった。

B000EUMKMC乱歩地獄 デラックス版
江戸川乱歩 竹内スグル 実相寺昭雄
ジェネオン エンタテインメント 2006-05-25

by G-Tools


乱歩地獄 - allcinema ONLINE
スポンサーサイト
2006.11.26[Sun] Post 01:23  CO:0  TB:0  Cinema  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

今日見た映画 『乱歩地獄』 のトラックバックアドレス
http://sweetsweet8.blog69.fc2.com/tb.php/214-6707cb8f
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。