もう眠れる用意をしないと眠れない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://sweetsweet8.blog69.fc2.com/tb.php/147-7995321b
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

今日見た映画 『ヴィタール』

vital


借りたDVDで見た。交通事故で記憶をなくした医学生は
何かに導かれるように大学での解剖実習にのめり込んでいく。
しかし自分が切り刻んでいる体は自分の記憶をなくす前の彼女であり
交通事故のときに死んでしまった涼子だと気づく。

解剖により、博史は『涼子』自身に触れる。

これは男と死人と生きた女の三角関係を描いた切ない恋愛映画である。
そう思う。
涼子と博史の過ごす世界は美しく悲しい。
ラストシーンの爽やかさが実によかった。

後見るべきところは涼子の少し気味の悪いダンス、岸部一徳、
解剖シーンの人体模型。

B00067HCXKヴィタール プレミアム・エディション (初回限定生産)
塚本晋也 浅野忠信 柄本奈美
ハピネット・ピクチャーズ 2005-06-24

by G-Tools



ヴィタール - allcinema ONLINE
スポンサーサイト
2006.09.15[Fri] Post 01:40  CO:0  TB:0  Cinema  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

今日見た映画 『ヴィタール』 のトラックバックアドレス
http://sweetsweet8.blog69.fc2.com/tb.php/147-7995321b
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。